Senについて

活動内容)

輝きたい!女性と子ども達のために、

 ☆「ココロ・ワザ・カラダ」を磨く講座。

 ☆  他団体等と企画するイベント。

 ☆  Sen講師の出張講座

などを開催しています。

 

活動目標)

”今よりワンランク上の自分になる”

応援活動をしています。

 

また、講師をしたい女性の方には、

本格的に活動される前の、

チャレンジの場をご提供しています。

はじまりは、よよいの会

平成11年4月1日

代表津田が、初めての子育て半年

ちょっと慣れてきた頃

生後6ヵ月(第1子) の子といっしょに

たまにはゆっくり外食したい!

家族でつきあえる友だちが欲しい!

がきっかけでした。

新聞に取材していただきました!

お母さんの"個"育てを

NPO法人理事長 津田泉さん(48)姫路市中地

 

バレエや英語、合唱などの講座を開き、イベントを企画するNPO法人「コミュニティ交差点Sen(セン)」を主宰する。

同法人は子育てサークルが前身。「以前は子育て支援だったが、今は『個』育て支援に変わってきている」と笑う。

短大卒業後、幼稚園や保育園勤務など経て、結婚を機に夫の勤務先の姫路に移り住んだ. 1998年に長男が誕生。翌年4月、乳幼児のいる友人らと食事会を開いたのがきっかけとなり、子育てサークル「よよいの会」を発足させた。育児について情報を交換し、悩みを共有するのが目的だった。 

自宅を会場に、月に1回。料理1品を持ち寄り、食事会を開いた。「子供に手を出してしまったことや、しゅうとめとの関係など、お母さんたちは泣きながら話をしていました」。会を重ねるうち、揺れていた心が安定し、子育てへの不安感が軽くなっていったという。

子どもが育つにつれ、活動も徐々に変化。単発のイベントが定期的になり、参加者が経験を生かした講座も開くように。

「自分の可能性を探ったり、熱中したりするじかんを提供するのも、支援の一つのありかた。そうおもうようになってきた」

お母さん対象のマッサージ会を開く中で心身の観光に興味を持ち、リフレクソロジストの資格を取得。足もみ講座を開く。

「子育てによって多くの人に出会い、学ばせてもらった」と振り返り、「今後、自分に何ができるか。それが楽しみ」と目を輝かせた。(川口洋光)

 

取材:播磨びと わが道  2016年2月28日 神戸新聞